楽しいガーデニング



ガーデニングの水

 

 

ガーデニングで植物を育てる為に必要な物の一つに「水」が有ります。
水は植物にとって命の源と言っても良い位の存在です。その水をガーデニングであげる為にはただあげれば良いと言う物でもないのです。

 

 

例えば盆栽に関して言うと「水くれ三年」と言う言葉があるそうです。植物個々に水をあげるリズムを掴むのは1年もあれば理解出来ると思う方が多い様ですが、実際は3年その植物と付き合ってみて初めて水やりのタイミングが分かる様になってくるそうです。

 

 

一見難しい様に感じますがやりたい事は簡単で、「植物が欲しがっている時に水をあげる」と言う単純な物なのです。

 

 

しかし、その「欲しがっている」タイミングを見分けるのが簡単な様で大変なのです。素人がガーデニングを始めると、暑い時期には朝晩2回水を、調度良い時期には朝だけ水を、寒い時には何日間に1回水を与えてあげれば良いと思いがちです。でも、それだけでは駄目で、本当に水をあげるタイミングを知っている人は、土の表面が乾いているタイミングとか、ある程度乾いているタイミングとかであげている様なのです。

 

 

また、あげる水の量も関係してくる様で物によってはたっぷり与え過ぎてしまうと、成長を抑制してしまう可能性も出てきますので、植物や土の状態によって訳なくてはならないのです。

 

 

タイミングや量と言った事を考えながら水をあげていく、このポイントを見極めると植物もどんどん成長していく様になりますよ。